銀行カードローン審査と年収の関係は?

キャッシングあれこれ

MENU

銀行カードローン審査と年収の関係は?

 

金融機関にお金を借りる申し込みをすると審査を受けなければなりません。
審査の主なポイントとしては、借りる相手の返済能力です。

 

仮に年収300万円の人が、300万円を借りたいというのでは、明らかに審査は通りません。

 

ですから借りるときの限度額は、法律で決められていて総量規制の範囲内でなければならないのです。

 

年収の3分の1以上は借りられないという限度額が総量規制です。でも総量規制には対象外があって、銀行のカードローンは適応していません。

 

借りられる限度額の上限がないので、300万円借りたいと申請をしても審査にパスする可能性があるということになります。

 

でもその場合には、銀行としては、返せないときの担保の設定を求めるかもしれません。
担保とは、もし返せないときに担保物件を銀行に渡すことが条件です。でも銀行から借りるときには、総量規制の対象外といって限度額の上限がありませんが、本当に返済が可能かというチェックをされます。

 

そう考えていくと上限がないといっても年収の3分の1以内が、借りるにはふさわしい額であること言えそうです。

 

 

年金の受給者でもカードローン利用できる?

 

国の年金を受給するには、サラリーマンであれば、厚生年金の積み立てをしているので、60歳台になると年金の受給資格が得られます。

 

そんなに高い額ではありませんが、毎月定期的に国から支払われるので、お金が足りなくなったときにカードローンでお金を借りられるかという疑問がでてきます。

 

実際には、年金受給を定期収入として認めているカードローン会社があるのでネットで調べてみてください。
でも定期収入といっても年間で貰える額はそんなに多くはないので、融資の限度額はそんなに高くはありません。

 

さらに高齢となるとお金を貸しても返済できなくて死亡なんてケースがありますからその場合には、カードローン会社としては、貸したお金が戻ってこないので、年齢制限を設けている会社も多いのです。

 

年金受給者がカードローンを利用する場合は、保証人や担保物件も必要なく貸して貰えて身分証明書を提示すれば借りられるのは便利と言えます。

 

年金の受給者がカードローンを利用できるかは微妙なところですが、しっかりと返済していけるならば、便利ですので、借りる申し込みをしてみる価値はあります。

 

 

4ページ表示

#サイト名PRリンク