プロパーローンとは?

キャッシングあれこれ

MENU

プロパーローンとは?

 

お金を借りる方式にプロパーローンがあります。住宅ローンで組まれるケースが多いのですが、「プロパー」とは独自のという意味を持っていて、借りる銀行が組んでいる独自のローンプランです。

 

さて一般的な住宅ローンを組んでいくには、銀行と保証会社のふたつが絡んできます。
銀行に住宅ローンの融資を申し込むと、銀行は保証会社へ本当に貸しても返済できるかという審査をして貰います。

 

そこで、保証会社としは審査を通して保証人になってくれますが、借りる側は保証料という名目で、借り入れすりときにお金を払わなければなりまません。2000万円くらいの住宅ローンを組むケースが多いと思いますが、そのときの保証料としては、40万円くらいが必要です。

 

これに対してプロパーローンで借りると銀行独自のローンですので、審査も自社で行ってローンを組んでくれます。

 

でも保証会社を通さないので連帯保証人が必要ですし、返済額も実質の金利負担ですので、高い金利設定となってきます。

 

プロパーローンで借りるケースで多いのが、一般の住宅ローンでは審査基準に満たない方の場合で、年収や勤続年数が少ない場合などです。

 

 

元利定額リボルビング方式って?

 

キャッシングやカードローンでお金を借りたときの返済には、リボルビング方式といって、毎月同じ金額を返済していくやりかたがあります。

 

リボルビング方式の返済には、元利定額リボルビング方式がありますが、同じ額の返済としての内訳は、利息額プラス元金十等分となっていきます。

 

ですから、利息額は借入残高に対するもので、残高が減っていった分だけ少しずつ利息額は減っていくのです。メリットとしては、毎月の返済額が一定ですから、返済計画を立てやすいことがあげられます。

 

でもデメリットがあって、支払いの当初では、借り入れ残高に対する利息を払っていくため高い額の利息を払うので、なかなか元金が減っていかないのです。

 

借り入れたときに何回で返済できるのかを明確にして返済期間を設定しないと長い期間の設定をすればするほどトータルでの返済額が増えていくことになるのです。

 

そしてリボルビング払いのもう1つの方式であるのが、元金定額リボルビング方式で、毎月支払っていく返済額は、元金の返済に充てられていくので、元利定額リボルビング方式と比べると早期に返済が完了していくメリットがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2ページ表示

#サイト名PRリンク